技術に裏打ちされた良い商品をお手頃価格でお届けします
色の名前とケルビン
よくLED電球を見ていくと「色温度」という言葉があり2700Kとか書いています。これは発光の色合いを数値で表したもので、「K」はケルビンの意味ですが、一般的に「2700ケー」とそのまま読みます。

色温度は、別の呼び方として「電球色」とか「昼白色」とかという言葉でも表されますが、数字はわかりにくいので言語化したものです。文献によって多少数値が違いますが大体下記のような感じです。
呼称 ケルビン数値
電球色(L色) 2800-3000K
温白色(WW色) 3500K
昼白色(N色) 5000K
昼光色(D色) 6500-6700K
ケルビンの数字が上がっていくほど、白っぽくなります。 人間は、色(本当はただの周波数ですが)によって温度を感じる感覚を持っている為か、「色温度」と呼んでいるのでしょう。 ちなみに赤っぽい色ほど温かみを感じる傾向があるようで、ろうそくの光りは1800K、夕暮れは2500K、今までの白色電球は2500Kです。


LEDの性質
LEDに話を戻しますと色温度(ケルビン数値)を下げれば下げるほど発光効率が落ちる傾向にあります。 逆に、色温度をあげればあげるほど、明るくしやすく(輝度を上げやすく)なります。 LEDの売り場や新製品の発表をみるとわかるのですが、同じ消費電力や同じような型番でも色温度の低い「電球色」は色温度の高い「昼白色」に比べて明るくない(ルーメン値が低い)傾向があると思います。

また、余談ですがRA(平均演色指数)をあげればあげるほど、これも明るさを出していくのは難しくなります。 簡単に言ってしまうと「色温度が低く」「平均演色が高く」「小さい」LEDほど作るのが難しいと言ってもよいと思います。 従って、私たちは難しい分野の商品(他が作りにくい商品)を頑張ってお手ごろ価格でご提供しようという思いから、商品としてはミニクリプトン(E17)で電球色というラインナップしかないのです。さて、私どもの商品を見て頂くとわかりますが、

商品 明るさ 平均演色指数 色温度
輝度優先タイプ 600lm Ra73以上 3000K
低色温度タイプ 515lm Ra80以上 2500K
高演色タイプ 430lm Ra95以上 2700K

となっています。なんとなく傾向がわかりますね。

実は、最初に作ったのが輝度優先タイプでした。3000Kは一応電球色ですので、それで一番明るいものを作ってみたのですが、明るいのはとても明るいのですが、逆に人間の感覚として明るいと白っぽく見えてしまう傾向があるようで、「本当に電球色?」と聞かれることが多々ありました。そこで次に、店舗照明に最適な色温度が低いものがないかといわれたので作ったのが「低色温度タイプ」(2500K)です。こんな発光効率の低い、採算性が合いそうもない電球を量産しているメーカーはないとは思いますが、作ってみると、結構電球っぽい色がしてていい感じです。


渾身の作、演色性の高い電球
そして気合を入れたのが、演色性の高い電球です。せっかくの電解コンデンサレスの電源なので、効率が落ちても作ってしまおうと思い、作ってみました。430ルーメンという明るさは、一般的なミニクリプトン電球に負けない明るさですので「Raが高いから、暗くて価格が高いですよ」とはならないようにがんばりました。

どれも特殊な『色合い』の商品ばかりですので、
いずれかの商品を気に入って頂き、お使いいただければうれしい限りです。

PAGE TOP