技術に裏打ちされた良い商品をお手頃価格でお届けします
私たちの商品開発に対する想い
 LED素子は、本来半永久的に光るものです。コンピュータの世界では、数十年前にすでに真空管からトランジスタに置き換わり、その信頼性と寿命と故障率が飛躍的に高まりました。(昔は鉄腕アトムも真空管で動いていて、よく故障して動かなくなったこともあっったそうです。)電球も真空管も基本的な原理は同じです。水銀を使用する蛍光灯を経て、白熱電球はようやくその役割を終えようとしています。
 しかしながら、その一方で、現在のLED電球は本来もっている寿命を本当に発揮できているのか?LED電球は、発光効率は良い(電気代が安い)ものの、生産過程においては、今までのガラスにフィラメントをくっつけた白熱電球に対し、半導体を使用し、点灯回路を内蔵し、放熱のために金属を使うなど、格段に多くの資源を使用しています。そうであれば、もっと長時間使えるように、生産者は努力すべきではないのか?これが開発の出発点です。  しかも、LEDにおける寿命は内部に使用しているたった一つの部品(電解コンデンサ)の寿命によって電球自体の寿命が決まってしまうのです。

 なんと勿体無いことでしょう。

 当初からこの考え方に対しては、実は、ほとんどの人から賛同を得ることはできませんでした。今でもそういう雰囲気は感じます。「1円でも安ければそっちの方が良い」「長く持つという保証はあるのか?実際に光らせたのか?」場合によっては、「10年後にお前の会社はあるのか?」とも言われているのは事実です。

 しかし私たちは、真にお客様の事を思い、未来を思い、愛する地球を思った時に、「できることからやる」を実行しなければならない。そう考えました。なぜなら、世界中のLED電球が今でもその本来持つ寿命を全うせずに故障し、ゴミとして捨てられているからです。

 私たちは、すべての方にこの電球を使用して欲しいとは思っていません。資金も供給力も十分にない上、どうしても原材料費が普通の電球に比べても高いものになってしまうからです。しかしながら、間違いなく長く使用できるこの商品を、自分たちの努力で1円でも下げる努力をして、1個でも皆様のご家庭に、職場に、街角に、お届けできるようにしたいと考えています。
従来のLED製品生産技術に対する懸念
しかしながら、その一方の雄であるLED電球は、技術的には成熟されているとは言えない一方で、商品の参入障壁が比較的低い為に、あらゆる商品が出回っているというのが現状だと思います。旧来の電球に比べ高価な買い物となる一方で、そのような背景から、市場での各種問題は現実的に存在していると言えます。 特に、小型化になればなるほど、発光するLEDから伝わる熱の影響により、交流電源から直流電流に変換する内蔵の電源への負荷が重たくなり、市場での不具合が発生するケースが散見されています。 それは、電源回路の中に、唯一寿命が規定されている電子部品である電解コンデンサーは「熱によって加速度的に寿命が短くなる」という特性を持っている為です。(ドライアップ現象)
>> LEDの長寿命化についてはこちら
従いまして、LEDのような小型で高発熱の機器で採用するには、温度の影響が最小限になるような細心の注意が必要であり、量産工程においてもバラつきを最小限に抑える努力が必要になります。そこで、弊社はその電解コンデンサーを使用しない電源の開発に成功し、その弱点を補うとともに、熱に強い商品として、長寿命と共に、業界最小クラスの小型化、及び、非常に優れた発光効率(ルーメン/W)という形で、商品を生み出す事が出来ました。
過去にも電解コンデンサーレスの商品はございましたが、当社はフリッカー(ちらつき=携帯で写真を撮ると縞模様が見える)がなく、また、ノイズもでない商品に仕上がっております。従って私どもは、商品展開において、熱処理の厳しい小型の商品(ミニクリプトンタイプ及びダイクロハロゲンタイプの電球色)に特化し商品化をしており、LED型業界の弱点を克服する一翼を担えればと考えております。
低価格化に向けた努力
一方、価格的にも、新技術で消費者にご負担をかけるような高価なものになってはいけないとの思いから皆様にもお買い求めが出来るような価格帯にするべく、開発、設計プロセスやもの作りの方法等も研鑽を重ねております。是非、お手元にとって末永く私どもの商品をご愛顧頂きますようお願い申し上げます。

PAGE TOP