居心地のよい空間づくり

照明による空間づくり

 

古来、私たちの祖先は、太陽や火など自然及びそれに近い光と生活を共にしていました。朝日とともに起きて日中を過ごし、夜は活動をやめて火の光で過ごしていたのです。
しかし、照明技術の発達によって、現代では夜でも昼間と紛うばかりの明るい光で過ごせるようになりました。しかしながら、火ともに歩み出した25万年の歴史から比べると、この夜の煌々とした灯りは、たったの130年ほどの歴史しかありません。
この生物学的な長さからいうと、一瞬とも言えるほどの短期間で起こった変化は、私たちの健康にはどのような影響が出ているのか、照明を作っている私たちは、その影響について可能な限り注意していく必要があると考えています。

居心地と照明の関係

「居心地が良い空間」「悪い空間」などの言葉が表すように、空間は人間の心理に大きく作用します。そして照明は、太陽の自然光が不足した環境にあっては、空間そのものの印象を決める重要な役割を担っています。その照明は、大きく次の3つの特性の組み合わせによって、様々な表情を映し出す事ができます。

1.色温度とそれが与える印象

色温度とは、光の色合いのことで、K(ケルビン)という単位で表します。Kの数値が高いほど白っぽくなり、低いほど赤っぽい色合いになりますが、これによって空間の雰囲気はガラッと変わります。


あかりの色温度が低い(暖色系)と温かみがあって落ち着きのある空間になります。安らぎをもたらす副交感神経に作用する光色とも言われます。一方、色温度が高い(白色系)光は、すっきりとして集中力が高まる空間になります。こちらは緊張感や集中力をもたらす交感神経に作用する光と言われています。
したがって、よく、リラックス空間であるカフェや高級レストランなどでは暖色系、職場環境であるオフィスや集中力が求められる学習塾では白色系の照明が使用されています。これは、場所の目的に沿ってその色合いを上手に変え、空間に意味を持たせる光の上手な使い分けの例なのです。

2.照度と色温度との相性

色温度と合わせて考えなければならないのが、照度・輝度などの「明るさ」です。色温度と照度には相性があるため、相性の良い組み合わせだと心地よさを感じますが、相性が悪いと不快さを感じてしまいます。
この図は、色温度と照度の相性を表した、クルイトフカーブというものです。

これを見ると、白い光は強めの明るさ、暖色の光は弱めの明るさとの相性がよく、快適だと感じることがわかります。反対にいえば、弱くて白い光だと冷たく薄暗い印象になり、強い暖色の光だと暑苦しさを感じるといった、不快な領域に入ってしまうのです。
これは皆様の経験的に、そして直感的にご理解をいただけるものではないでしょうか?

3.ライティング効果

次に色温度と明るさの組み合わせをベースに、それを空間にどのように配置するかというライティングの手法によって、様々な空間を演出することができます。
例えば、間接照明などで天井を強調すると、空間が上に広がるように感じるので、開放的な印象になります。また、ダウンライトで壁を強調すると、空間が横に広がるように感じる効果があります。こういったライティングの工夫で、同じ空間でも様々な印象に変えることができるのです。
また、当社は火の色を模した「火の色電球」というものを商品化していますが、この照明は、焚き火の火のように地面近く、低い位置や、あたかも石灯籠のような堅牢なスペースに距離を置いて配置をした場合、なんとも言えない温かみを感じますが、逆に集中して頭上に配置をするような場合は、火の塊が落ちてきそうな不安感が出てきます。L E Dなので落ちてきても火傷をするようなことはありませんが、人がもつ本能がそのような感覚をもたらすのでしょう。

ライティングというと難しいような気もしますが、そういったことを肌感覚で考えて楽しんでみるというのも照明を楽しむ一つの方法だと思います。

▲天井・壁をそれぞれ照らすライティングのイメージ画像

より心地よく、より美しい空間づくり

KKテクノロジーズでは、マンションのLEDリフォーム事業も一つの大きなサービスとして取り組んでいます。
従来の蛍光灯や電球からLEDに変えることで、電気代の削減はもちろんですが、私たちは、長く光るLED照明だからこそ当社商品を選んでいただいたお客様には、より心地よい空間実現に向けたご提案を商品の代金の中に含めてご提供をさせていただいております。

1.既存照明の単純な置き換えだけではなく、既存の照明課題を捉えた上で、より高質な照明プランをご提案。

従来の白熱電球や蛍光灯だと、マンションによっては色温度がバラバラになっていたり、省エネのための間引きによって建築当初に考えていた明るさやデザイン性が再現されないなどのケースもあります。私たちは、電気代や初期費用、資源ゴミの削減なども踏まえ、総合的な見地から、LED化照明のデザインを検討し、提案をしております。その為に、数回現地に足を運んで検討することも度々です。限りあるご予算の中でいかに私たちの思いでもある「より美しい空間づくり」ができるか、日々想いを巡らせて提案をさせていただいております。

その一つのご提案事例としては、「1. 色温度の持つ印象」でご紹介した、色温度の違いを上手に活用するということです。色温度の違いで価格が変わることはありません。そうであれば、例え現在使用している照明の色温度とは異なっても、あえて、その心理的な効果や建物全体の雰囲気や壁面の色、外から見える印象などを踏まえ、リラックス効果や落ち着きのある暖色(2000K〜3000 K)を提案することもあります。一方、ゴミ置場や集会室などの作業スペースは、手元が見やすく、集中力が高まる白色(5000 K)の照明をご提案したりしています。

2.照明に高いデザイン性が求められる物件や新商品の開発においては、専門家である大学の研究室とのコラボレーション

デザイン性の高い建築物などのLED改修の場合は、最先端の当社LED技術と学術分野の最高峰である大学の研究室と協業で提案を行ったりもしています。
照明改修の場合は、十数年経過している場合が多く、当時の最先端のデザインだったとしても技術的な進歩によって、さらなる美しい表現ができる機会を与えられている場合があります。高級物件の場合は、そもそもの意匠生も高く、使用している素材も十分に高質なケースが多くあります。
その良い素材を十分に生かす為に、最先端の技術を用いた照明デザインを加味する事によって、新築案件にも匹敵する空間を実現する事ができるのではないかと考え、ご利用者のくつろぎや安心や、物件そのものの価値向上を目指した空間の実現に向け、取り組みを行なっております。
そのためには、ものを作る事ができるメーカーである当社の強みを生かし、その場に最適に照明をカスタムで作成する場合もあります。お客様の要請に基づく受身的なカスタムデザインではなく、自分たちがこの空間にはこれが必要だと自ら考えて作成しますので、高価になりがちなカスタム商品でも、可能な限り低価格で対応する事によって、少しでも高質な空間、自分たちで納得できるような空間を、一つでも多く提供できるように取り組んでいます。
>>大学研究室について

”居心地のよい空間づくり”に関する記事一覧