演色性って何?

きれいで自然な色づくり 演色指数

最近、LEDも普及期から差別化の時代になり「演色指数」とか「Ra○○」とか「CRI」とか言う言葉を目にするようになってきました。平易な表現では「キレイ色」とかのようなわかりやすい表現もあります。

これは、色がもつ本来の色をどれだけ忠実に表現できるかという「指数」で、特殊な測定器で計測します。色は、その物質が持つ特性に応じて、特定の可視光の周波数を吸収、反射することによって人間の目が色を認識しているのですが、人工的に作られた光りは、人間が何万年もの年月をかけて遺伝子レベルで慣れ親しんできた、太陽の下の色の感覚を十分に表現できない場合があります。

ちなみに太陽の光りの下の演色指数は100(満点)と言われています。基準ですから当然ですけれど。エジソンが発明した白熱電球も、演色指数は100です。光る原理が同じとはいえ、さすがですね。そして、その200年続いたエジソンの恩恵を世界レベルで世代交代しようとしているLED電球ですが、実はこの演色指数というのが、現在ではあまり良くないのが特徴です。

特に、一般的に使われている白色LEDに蛍光体を塗ったタイプは、赤色が出ないという傾向があります。赤色は、特に「特殊演色指数」というもので表される事が多いのですが、少し前までは、その数値が「マイナス」というものも大量に出回っていました。赤色ですから、まずは、イチゴやお肉、お魚(特にお刺身)といった生鮮食品がおいしそうに見えなくなります。

「色」が大事な要素としては、お化粧もそうですね。演色性が悪い電球の下でお化粧して外にいったらものすごく濃い(薄い)メイクになってしまったという事もあるようです。原理的にはありえますね。

高演色LEDは省エネと同時に、より鮮やかに忠実に、物の本来の色が表現できます。

私たちが提供する高演色LED電球は全15色の評価値平均が96以上で、業界トップクラスの高演色性を実現しています。「美容室や理髪店にお勧め」とか 「焼肉やスーパーにお勧め」と書いているのはそういった理由があるのです。

LEDは使い方によってはあなたの人生と一生を共にするかもしれない商品です。少しでも「質のよい光り」の下で暮らしたいものですね。

LED電球豆知識